スロウな森の暮らし たまに旅


by nollipolly
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ひなたぼっこの特等席と捨てネコ

異常な暑さが一段落して、そこかしこに秋の気配が感じられるようになりました。
心なしか日差しもやわらかく、晴れた日の昼間はとても気持ちがいいです。

ネコたちは新しいひなたぼっこの特等席を見つけました。
古いピクニックテーブルの上を気に入ったようです。
d0129145_5501329.jpg

あくびなどしています。大きいです。
d0129145_551156.jpg

日が高くなり、今度は草の上でごろんごろん。二匹一緒なのは珍しいことです。
d0129145_553783.jpg

日暮れどきになると、またテーブルの上に戻ってうつらうつらしています。
d0129145_5514827.jpg


春が遅い場所なので、花は今頃が盛りになります。
フューシャは一株にたくさん花をつけるので、緑ばかりが多いこの辺りではいい指し色になって見栄えがします。
d0129145_558722.jpg

いろいろな種類がありますが、この小さい花のタイプは可憐で気に入っています。
d0129145_5582672.jpg

ピンクのマツバボタンと、ブルーの花。(名前忘れました)
d0129145_5594142.jpg




d0129145_615649.jpg

この辺りには2〜3匹野良がいるのですが、全く人慣れしていないので近づくことはできません。このネコは新顔です。
がりがりに痩せています。まさに骨と皮、背骨のラインが突き出て見えるほどです。
相当年をとっているようです。目からはヤニのようなものが出ていて、目の回りにこびりついていました。決して綺麗とは言えない状態でした。

人を警戒はしていますが、かといって見たらすぐ逃げるほどでも無かったので、えさでおびき寄せました。おとなしいおっとりした性格です。ご飯をあげてみると、すっかり平らげてしまいました。相当空腹だったのでしょう。

触らせてくれたので、目やにを拭き取り、ちょうどふわちゃん用にあった点眼液をさしてやります。かなり厭がっていましたが、なんとか成功。二日後位には綺麗に直っていました。

このネコ、多分誰かが捨てたんだと思います。生粋の野良なら、絶対人を側に寄せ付けません。
年をとって見苦しくなったからか、目のトラブルのせいかーひと目につきにくい山に捨てちゃおう、ということだったんですかね。野生でもない年老いた生き物が、こんな所で生き延びられる確率はゼロに近い、と言うことは分かっていたことでしょう。
ひどいもんです。ヽ( ´_`)ノ

いつもは野良たちと派手にやり合うノンとフワですが、このネコにはそれほど敵対心がないようです。

しばらく様子を見ることにします。
[PR]
by nollipolly | 2009-09-14 06:18 | Oh! cats!!