スロウな森の暮らし たまに旅


by nollipolly
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

秋のスロークック♪♪ エビのバターソース&レンズ豆のスープとシャントゥレル

秋になると恋しくなるハーティーミール。
美味しい匂いとほのかな湯気で部屋中が満ちあふれる、
スロークックがしたくなる。

てなわけで、
先日コメントを入れて下さった“りんさん”の励ましとご期待に応えましてお料理ネタ、続きます。


ぷりぷりのエビを惜しげもなく使ったオーブン料理と、
ことこと煮込んだスープが今日の夕食です。

まずはエビのバターソースをグリルしたごちそう。
レモンジュースとマスタードの酸味が食欲をそそる差し味になっています。
d0129145_5203343.jpg

【材料】
◎中型サイズ以上のエビ400~500g
◎バター120~130グラム
◎レモンジュース
◎マスタード 大さじ1
◎ニンニク 数かけ。好きな方は一個分でも、どんとどうぞ♪♪
◎パセリ
◎ケイパー(あれば)
◎タカの爪の輪切り適宜(スパイシーな風味に仕上げたい方)
【作り方】
◎エビは生でしたら皮、背わたを取り、水気はペーパータオルなどで抜いてできるだけ生臭みをとります。片栗粉を振って全体にもみ込んだ後ざっと洗うと効果的。この水気抜きの下ごしらえが一番肝腎、出来を左右します
◎エビを軽く塩ゆでしておきます。面倒だったらしなくても大丈夫です
◎ニンニクは0.8~1センチ角程度の乱切りに
◎オーブンを230~240度に設定、予熱しておきます
◎フライパンまたは鍋にバター、刻んだニンニク、マスタード、レモンジュースを投入、混ぜ合わせながら弱火でバターを完全に溶かします
◎耐熱容器にエビを並べ、バターソースをまんべんなくかけます。ケイパーはここで投入
◎規定温度に暖まったオーブンに入れて待つこと12~15分(エビを下茹でした場合)で完成。パセリなどお好みのハーブや胡椒を振りかけてお楽しみ下さい

※ちなみにエビ=shrimp(シュリンプ)、とは学校英語ですが、このサイズのエビを敢えて特定したいならprawn「プロウン」「プラウン」と言います。シュリンプですと、レストランなどでは小さいサラダ用のエビが出てくることが多いです。ご参考までに



d0129145_7382649.jpg


レンズ豆だけだと出来上がりの色気が悪いんでグリーンピースを足しました。
作り方は簡単♪♪
一晩水に漬けておいたマメを鍋に投入(水は交換)。
人参、タマネギ、ハムをダイスアップ!
グリーンピー(冷凍物を解凍で可)も加え、あとはことこと煮込むだけ。
とろみが欲しければ水溶き小麦粉を少し足して、と。
塩、胡椒で調味、好みでお好きなハーブやスパイスもどうぞ。

レンズ豆です。
d0129145_7442978.jpg

直径5ミリ程度の小さなお豆、横から見た形がレンズに似てるからそんな名前がついたのかな? 私にはちっちゃなボタンに見えます。
こちらではlentil(レンティル)といいます。
1パウンド(454グラム)なんと50セントくらい(今45円くらいです)で手に入る、庶民の味方の食材です(^^)

ところで、知り合いの方からこんなキノコを頂きました。
d0129145_882242.jpg

シャントゥレル(Cantharellus)という名前だそうです。
鹿狩りに行った山中で発見したそうですが、肝腎の鹿はなかったということです
「炒め物にしたり、パスタにいれても美味しいよ」と、下さった方がおっしゃってました。
どうしてやろうか? 考え中です(^^)
[PR]
by nollipolly | 2009-10-23 07:35 | Oh! Foods♪