スロウな森の暮らし たまに旅


by nollipolly
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

1ヶ月が経つ

ノンちゃんが姿を消してから一ヶ月が経ちました。
d0129145_1484610.jpg


姿を消した6月18日は、長雨がやっとあがって、猫たちも待ちわびていた久々のお外。
思えば、長雨後の晴れは、野生動物たちも待ちわびていたはずです。
お腹を空かせたもっとも危険な状態の野生動物が出没しやすい、と、
どうして思い至らなかったのか、
私もうかつでした。

その日のあと2日間は再び雨。
猫缶を鳴らして名前を呼ぶより手がありません。

月曜日になって雨が上がり、お隣の家の裏山に続く小道をずっと登ってみましたが、
鹿の足跡があるくらいで、生き物の気配は全くありません。

火曜日。チラシを作って、近所に訊いてみたり
郵便局の掲示板に貼りだしました。
ダンナが同じ裏道を歩いて、ノンちゃんの毛が散らばっているのを発見しました。
いやな予感が募ります。

その後もあちこち歩き回ってみましたが、
だめです。

情報は「コヨーテを見かけたことがある」(半年前、とか古い話ですが...)
「行方不明になったその日にノンちゃんを見たよ」
など。

想定される猫の天敵は、この辺りではアライグマかコヨーテですが、
アライグマはエサとして猫を狩ることはあまりないそうです。
コヨーテは.....猫が好きです。
散らばっていたノンちゃんの毛は少量だったので、
猫同士のけんかかな、という感じでしたが、
いろいろ調べてみると、コヨーテは足が速く、
攻撃準備態勢から一気に時速50キロくらいのスピードに達するそうです。
猫など一瞬で狩りを完了、反撃する間もないようです。
彼らにとってはたやすい獲物。〝ファストフード〟です。

ノンちゃんは猫としては大柄で「ケンカ上等」タイプですが、
中型犬くらいの大きさの、
飢えて容赦ない野生の犬にあってはひとたまりもないでしょう。

近所の人や知り合いの人は、私を気遣っているのか
「誰かが連れていったんじゃないか?」と言いますが、
ノンちゃんは知らない人を簡単には近づけません。
飼い主さえ捕まえるのは容易ではありません。

しかし、近所にはたくさんの野良猫がいます。
コヨーテがこの辺りに棲み着いているのなら、
1匹、また1匹と姿を消しているはずですが、
彼らは大丈夫です。
飼い猫と野良の違いでしょうか?
いえ、ノンちゃんはノラたちに競り勝ってこの辺り一帯をを仕切っています。

考えられること...可能性の高い順に
・コヨーテにやられた
・メス猫を追いかけてそのまま一緒に密の月を楽しんでいる
・誰かに連れ去られた


他に思い当たることはありません。
[PR]
by nollipolly | 2010-07-20 14:09 | その他