スロウな森の暮らし たまに旅


by nollipolly
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ノンちゃん、ついに襟巻きつける

d0129145_1134441.jpg

先週の金曜日の朝。
どうもノンちゃん、元気がありません。
まったく何も食べないし水も飲みません。
部屋の隅に隠れるようにうずくまり、寝てばかりいるのです。
声をかけてもこちらをちらっと見やるだけ。
どうも、ヘンです。歩くのもままならない様子です。

明日になっても様子がおかしかったら病院に行こうね、と
話していたら、翌日は少し元気を取り戻しました。
翌日曜日はさらに元気になって、普段の80%くらいに元気回復。
ところが、胸の辺りに何やら大きなこぶのようなものができているのを発見しました。
直径5〜6cmくらい、けっこう大きく盛り上がっています。
しかもぶよぶよしていて、ちょっと不気味....
何かへんなものでも食べたのでしょうか???

昨日、月曜日、病院へ行きましたがお医者さんが急病患ウマ?の往診で留守でしたので、
仕方なく今日のアポを取って戻って来ました。
夜になって、胸回りの毛がびっしょりと濡れているのに気づきました。
無理にひっくり返してよく見てみると、
小さな穴があり、そこから無色透明の液体が出てきています。
元気になってきてはいるものの、いよいよ不安は募るばかり....
やっと今日になって診察してもらうことができました。




お医者さんが診察台の上でノンちゃんを仰向けにします。
胸の毛をバリカンでジョリジョリ....
なんとそこには、4つの小さな穴がありました。

「外に出たとき、よその猫と対戦したのでしょう、その時、仰向けになって猫キックで応戦しようとしたところを上に覆い被さられ、胸にかみつかれた、という状況じゃないでしょうかね」
ひっかき傷ではなく、穴が4つ、ですから、
確かにそんな感じです。
そこからばい菌に感染、
化膿が進んで大きなコブ状に腫れ上がっていった、ということですね。

今日、処置をしてもらいました。
噛み穴の所にパイプを通して膿を出しやすくし、
当然傷口を舐めるといけないのでご覧の襟巻き装着、というわけです。
原因がわかって治療してもらったので、ほっとしていますが、
ノンちゃん! お願いだから、やんちゃはほどほどにしてね
でも、噛みつかれたっていうのは、
ちょっと情けないなぁヽ('ー`)ノ

ちなみに処置一式、377.23ドルでした。(約4万円弱!!)(涙
でも、お金には換えられません。

カラーをつけたノンちゃん、
幅の感覚がイマイチとれないようで、
あちこちごつごつとぶつかりながら歩いています。
金曜日に取り外すことになっています。
もう少し我慢してね

てか、ダンナは病院のお姉さんたちに「電球つけていい?」とか、
ばかなこと言ってましたが(=^◇^=;)


余談ですが、診察前にノンちゃんの体重測定がありました。
16.2パウンド!!
ピンときませんでしょう、7.35キログラムです。
小柄な猫なら2匹分に相当します。
確かに、運ぶときのゲージは重かった!!
おまけに中で暴れるし(^^;)
去年の8月末、予防注射を受けたときは14.8パウンド、
巨大化も順調に進行しているようです(~~;)
[PR]
by nollipolly | 2008-03-05 11:52 | Oh! cats!!