スロウな森の暮らし たまに旅


by nollipolly
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:Animals!( 3 )

今年も、4月上旬にハミングバードがやってきました。
まだ肌寒いのに、決まってこの直に姿を現します。
d0129145_13532694.jpg

去年は2〜3羽でしたが、今年は5羽目撃!
庭は彼らの羽音で賑やかです。
d0129145_13531480.jpg

[PR]
by nollipolly | 2012-04-17 13:55 | Animals!

アライグマがやってきた

いることは分かっていましたが、こんなにいたとは知りませんでした。
夕べ、4匹の若いアライグマがやってきました。

夕暮れ時、一匹の猫が窓の近くを通っていくのを見かけました。
近所の野良ちゃんです。
そっと、エサを小皿に入れて窓辺に出しておきました。

しばらくして、日がとっぷり暮れた頃、何かが動いている気配がしました。
懐中電灯で照らしてみると、猫ではなくアライグマが....
d0129145_11384227.jpg

しかも4匹です。
写真は2匹しか写ってませんが、
背後の暗闇の中に、もう2匹が遠巻きにうろうろしていました。

どれも同じ年頃で、多分今の夏に兄弟まとめて巣立ちしたのでしょう。
アライグマ、単体でみたことは何度かあるのですが、
4匹も一度に見ると、さすがに壮観です。
似ているけど、よくみると、それぞれ違う顔をしています。

お腹がすいていたのでしょう、むさぼるようにたべていました。
野生動物にエサをやっちゃいけないのは分かっているのですが、
ついおかわり分を足してしまいました。
懐中電灯に照らし出されようが、私(人間)がそばにいようが、
警戒はしていますが、エサをすくい取る前足の動きは止めません。

これから厳しい季節に入ります。
このうちの何匹が、来年のいい季節まで生き残れるのだろうか、
と思います。

朝方、堂々と、穴掘りしている姿も見かけました。
d0129145_11434222.jpg


実は、ピーナッツの殻を埋めたんですね。
匂いがわかるんですね。さすが野生。
殻しかないのに、かわいそうなことをしました。
[PR]
by nollipolly | 2010-10-02 11:40 | Animals!
ある日の朝。
けだるい目覚めの葛藤がはたと破られました。
何やらこれまで嗅いだことのない異臭。
例えれば、硬化プラスティックを強引に燃やしたときの臭いに、
さらに不快臭のエッセンスを混ぜ合わせて解き放ったような、

極めて不快な臭いです。

「近所で何か燃やしてるのかなぁ.......」などと思いつつ、
むっくりと起きあがりました。

午後になって、隣のブラッドさんが尋ねてきました。
「やぁ、気がついたかい?」
「何を?」
「誰か、何か動物がスカンクの怒りにふれたらしい」
「え?」
「変な臭いがしなかっかったかい?」
「...................」

あの、朝方の、えもいわれぬ不快な臭いは.........
あの、有名なスカンクだったのですね。
生まれて初めて嗅いだ、"伝説"のスカンク臭。
ブログでご紹介できないのが残念ですが。

ニッポンに、この生き物がいないことは、何と幸せなことだったのだろう、
と思っています。

ダンナの話によりますと、
スカンクの臭いは東西南北半径3ブロック、
ひどいときには続くこと2週間。
とにかく強力で、この臭いにたちうちできた生き物はいまだかつていない、
ということです。
車でスカンクをはねたものなら最後、
事故現場周辺の住民は多大な迷惑を被るそうです。
はねた本人はそのまま現場を走り去りますから、
何の被害もないのですけどね。
白黒の縞模様の、かわいい大きなリスみたいな生き物を目にしたら、
とにかく逃げろ、絶対刺激するな、ということでした。ヽ('ー`)ノ

さてと.........More
[PR]
by nollipolly | 2008-01-21 16:22 | Animals!